大阪の調味料屋さんです。株式会社かわかみ

株式会社かわかみ / かわかみWebShop

コトジ印 こんぶ漬液 (かぶ・だいこん:漬物の素)

790円(税抜)

購入数
商品の説明

ほんまもんの味を、おうちで実現する。コトジ印つけものの素。

家庭で作る漬物を、もっと美味しくしたいと思うけれど、漬物屋さんで買ってきたような旨味にはならない。。。
家庭用となると、酸っぱさと塩辛さは上手くできても「うまさ」の再現が難しいですよね。
本物の漬物の味を追求したいなら、コトジ印におまかせ。
プロユーザーや漬物屋さんも、この味を基にオリジナルを作られるので、ご家庭でも自慢の味が作れちゃいます。


こんぶ漬液とは、昆布を添えて仕上げる、甘旨い味の浅漬の素です。
かぶ、大根など根菜浅漬けに相性の良い甘さを楽しんでもらえるよう味付けしました。
商品名のとおり、昆布を一枚。入れて仕上げると、なんとも美味しい大根漬が完成します。
(液の中に昆布は入っていません。)

〔基本のつかいかた:3倍希釈〕 水で3倍に薄めて、材料と1:1でお使いください。


〔基本メニュー〕さっぱり大根漬
・材料:だいこん(1本)。青首大根でも可。
・「こんぶ漬液」、だし用乾燥昆布(味付け海苔ぐらいの大きさ1枚)、チャック付きポリ袋(または、ふた付き容器)

1.大根は皮をむき、サイコロ状に切ります。難しい場合は1.5cm角のスティックに。
※野菜洗浄時には「ベジタリッシュ」がおすすめ

2.チャック付き袋へ、洗浄済みのカット大根を入れ、昆布1枚と、3倍に薄めた「こんぶ漬液」を適量入れます。
 〔薄めかた〕「こんぶ漬液」100ml:水200ml
 味見して「濃いめ」がおすすめです。あまりに濃いときは水の量を増やしてください(プラス100mlまでぐらい)

3.できるだけ袋内の空気を抜きながらチャック(または縛ってください)冷蔵庫にてひと晩で完成
食べるときは、漬けあがった液のまま、または軽く絞った程度(水で洗い流さないでください)でお皿に並べてください。

大根の他に、かぶら(外皮と初めの表面のあたり(硬いところ)は削り取ります)、ラディッシュ(おしりに一文字または十字の切込み)でもおたのしみください。


中級編:自家製こだわりの「半干し大根」
・材料:丸のままの、葉付き大根
・用意するもの、家庭用つけもの器(上からダイヤル(ばね)で押さえれるもの)

1.大根の葉を少し残し、残した部分に紐をかけ、風通しの良いところで干します。
・1,2週間で、大根を手に取って、横にすると先がだらっと下を向くぐらい、しんなりすると完成です。

2.干した大根を葉の根元部分を切り落とし、縦に1/4割、長さは適宜(12cmぐらい)で整えます。

3.家庭用つけもの器に、カットした干し大根、昆布1枚と、3倍に薄めた「こんぶ漬液」を適量入れます。
 〔薄めかた〕「こんぶ漬液」100ml:水200ml
ばね(重石)はしっかりかけてください。

一昼夜して、味がなじめば完成です。


超リッチ・テイスト:カクテキ(だいこんキムチ)
上記「大根の作り方」で作った大根に、さらに追い足し。「味蘭EX」を適量(完成した大根つけもの100gに味蘭EX20g程度)混ぜて、味をなじませると、手作りだからこそ味わえるカクテキの完成です。




商品の情報

<内容量・サイズ>(幅・奥行き・高さ)
500ml,  65mm×65mm×218mm

<アレルギー表示>
 大豆 (特定原材料28品目について記載)

<原材料名>
還元澱粉糖化物、砂糖、食塩、たんぱく加水分解物/調味料(アミノ酸等:大豆由来)、酒精、酸味料
 
<栄養成分表示>(100gあたり)※この表示値は目安です
熱量:155Kcal、たんぱく質:1.7g、脂質:0.0g、炭水化物:40.8g、食塩相当量:5.9g

<保管温度と配送、賞味期限のご注意>
直射日光を避け常温保管  開栓後は冷蔵庫に入れ、お早めにお使いください。

<製造所在地>
大阪市/日本(株式会社かわかみ:当店自社工場))

<正箱時のダンボール入数>
20本入/ケース

(当店運賃計算向け換算単位)
 12G/本

<ケースJANコード>4 972238 072332
<単品JANコード>4 972238 072349

おすすめ商品